保育理念

  • Home
  •   »  教育目標
  •   »  保育理念

保育の考え方

当保育園では、お子様の成長を第一義に考え、日々努力しています。
 そのために、まず、保育園は家庭的であることが最重要と考えます。その子の一生を左右する最も大切な時期に、子供たちは保育園で長時間過ごします。本当の家庭にはかないませんが、保育園が第二の家庭であり、保育士は第二の母親となれるよう努めていきます。子供たちは、安心できることで自立して遊べるようになります。当保育園では、お子様が出来るだけストレスを感じずに過ごせ、情緒が安定し自立して行けるような環境の整備と保育の提供に心がけていきます。
 また、子供には年齢相応の成長があると考えます。特別なことが人より早くできることよりも、いま、年相応の生活を積極的に喜びをもってできるようにサポートすることが、一番重要なことだと考えます。いま何ができるかということよりも、いまできていることを楽しんでいるか、喜んでいるか、積極的に向き合っているかがとても大切です。その心の根っこが、この大切な幼児期に育てば、小学校に上がっても、大人になっても、その子は存分に力を発揮してくれると信じています。子供たちとともに「いま」の成長の喜びを感じられる保育を目指しています。
お問い合わせ