こども子育て新制度

子ども・子育て新制度

子ども・子育て支援新制度

公開日 2014年3月13日

平成24年8月に成立した「子ども・子育て関連3法」に基づき、幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進するための「子ども・子育て支援新制度」が平成27年4月からスタートしました。

「子ども・子育て関連3法」とは


新制度の創設に関する以下の3つの法律を合わせて「子ども・子育て3法」と言います。
☆子ども・子育て支援法
☆認定こども園法の一部改正法
☆子ども・子育て支援法など関係法律の整備に関する法律

「子ども・子育て支援新制度」の目的

 

  1. 質の高い乳幼児の学校教育・保育の総合的な提供
  2. 保育の量的拡大・確保、教育・保育の質的改善
    地域のニーズを踏まえ、提供される保育の量や種類を増やすなど、計画的に整備し、待機児童の解消。さらに、多様な教育・保育の質や充実を図ることとされています。
  3. 地域の子ども・子育て支援の充実
    子育てにおける地域のさまざまなニーズに応えることができるよう「放課後児童クラブ」や「延長保育」など子ども・子育て支援のサービスの充実を図ることとされています。

臼杵市の取組み

 

臼杵市は新制度の実施主体として、地域の実情を反映した事業計画を策定し、それに基づいて施設やサービスを整備・実施していきます。
臼杵市では、新制度に円滑に移行するため、「子ども・子育て会議」を設置し、新制度の実施に向けた必要な準備を着実に進めていきます。
臼杵市は新制度の実施主体として、地域の実情を反映した事業計画を策定し、それに基づいて施設やサービスを整備・実施していきます。
臼杵市では、新制度に円滑に移行するため、「子ども・子育て会議」を設置し、新制度の実施に向けた必要な準備を着実に進めていきます。

臼杵市子ども・子育て会議

 

臼杵市子ども・子育て会議は、平成27年4月施行予定の「子ども・子育て支援新制度」に関する事業計画の策定などについて、保護者を含む子ども・子育て支援の関係団体などの意見を聴くための会議です。幼児期の教育・保育・地域の子ども・子育て支援を総合的に提供するため、本市の子どもや子育て家庭の実情を踏まえて施策を実施していきます。

お問い合わせ